ネットカジノを日本国内で利用すると摘発される可能性はある?

なかなか海外に行けない状況から世界的にネットカジノの利用者が増えていますが、賭博に厳しい規制がある日本でネットカジノで遊ぶことは本当に問題ないのでしょうか?
結論から言うと、日本国内でネットカジノを利用しても摘発されたり逮捕されることはありません。

しかし、過去にネットカジノが摘発されたケースがあったのは確かです。
ここでは、ネットカジノを日本国内で利用すると摘発される可能性はあるのか?と題し、ネットカジノを取り巻く法的な事情を解説していきたいと思います。
ネットカジノを利用していて少し不安を感じている方や、これからネットカジノに登録を考えている方はぜひ読んでみてください。

ネットカジノの利用はグレーゾーン

ネットカジノの利用はグレーゾーン

日本国内でギャンブルを規制している賭博法は、競馬や競艇などの公営ギャンブル以外の賭博行為を禁じるものですが、海外を拠点とするネットカジノに関しては規制の対象となりません。

つまりネットカジノを規制する法律がない状況で遊ぶことは違法ではありませんが、逆に合法と認められているわけでもない、いわゆるグレーゾーンという扱いが続いています。
注意したいのは、ネットカジノが取締りの対象にならないのは海外に拠点がある場合だけであり、日本国内に拠点があると認められれば摘発の対象となるということです。

最悪の場合、そこで遊んだプレイヤーも逮捕される可能性もあります。
しかし、繰り返しますが海外を拠点にしているネットカジノで遊ぶことは何の問題もありません。
最近では大手ネットカジノのコマーシャルがテレビなどで放映されるほど市民権を得ており、これが違法ではない確固たる証拠です。

違法ネットカジノは摘発対象

日本でネットカジノを遊ぶことで違法性を問われることはありませんが、それは合法的なネットカジノの場合に限ります。
しかし、世の中にはライセンスを取得せずに違法に運営されているネットカジノも存在しており、このようなところを利用すると摘発の対象になる可能性もあるのです。

ネットカジノのライセンスは、ネットカジノが合法な国の法律に従い政府機関から発行されます。
ライセンス取得には費用や時間だけでなく、運営企業が健全かどうかを調べる厳しい審査を通過する必要もあり、合法なネットカジノは安心して遊べるようになっているのです。

一方、違法ネットカジノはプレイヤーも逮捕される恐れがあるだけでなく、不正行為や個人情報の流出などで大きな損害を被る可能性もあるので、絶対に避けるようにしましょう。

ネットカジノが摘発された例

ネットカジノが摘発された

日本国内でネットカジノを利用していたプレイヤーが摘発された「スマートライブ事件」というケースがあったのをご存知でしょうか?
ちなみにスマートライブはイギリスを拠点とする、れっきとした合法ネットカジノでもちろんライセンスも所持しています。
それでも摘発されてしまったのは、スマートライブが日本人の顧客に特化したサービスを展開していたことが原因でした。

スマートライブは日本人プレイヤーが遊びやすいように、日本の時間帯に合わせ日本人のディーラーを使ってゲームを提供していたことが裏目に出てしまったのです。
警察はこれらの事実から、日本国内で賭博が行われていると断定し、スマートライブを利用していたプレイヤーの摘発を行いました。
摘発されたのは3人の日本人プレイヤーで、いずれも当時のチャットの履歴やブログの投稿などから特定されたのです。

3人のうちの1人は裁判で争った結果不起訴となり事実上の無罪となりましたが、容疑を認めたほかの2人は前科がついてしまいました。
違法ネットカジノはもちろんダメですが、合法ネットカジノでも日本国内で運営されている疑いがかけられれば、摘発の対象になってしまう可能性もあるのです。

スマートライブ事件の教訓は、日本人に特化したサービスを提供するネットカジノは避けてできるだけ大手のネットカジノで遊ぶということです。

インカジ店は完全に違法

店舗に設置したパソコンでネットカジノを客に遊ばせるのがインカジ店で、従業員にお金を支払って遊び、ゲームに勝つと配当金がその場で貰えるというシステムです。
これは日本の賭博法に照らし合わせて完全に違法であり、運営者だけでなく遊んだ顧客も違法性を問われて逮捕されてしまいます。

ネットカジノは登録が必要で、さらにオンライン決済サービスなどの設定も必須ですぐに遊べませんが、インカジの場合は顧客は従業員にお金を渡してすぐ遊べるので、ゲームセンターのように気軽に遊べるというメリットがあります。
しかしインカジ店は明らかに違法なので、興味があっても絶対に近づかないようにしましょう。
中には繁華街などで普通のゲームセンターを装って営業しているところもあるので、勘違いして入らないように注意してください。

まとめ

まとめ

ネットカジノを日本国内で利用すると摘発される可能性はあるのか?と題して解説してきましたが、参考になったでしょうか?
ネットカジノは日本国内ではグレーゾーンという扱いで、普通に遊ぶだけなら違法性は問われません。
しかしライセンスを持たない違法ネットカジノは別で、遊ぶと場合によっては摘発の対象になることもあります。
絶対に実店舗のインカジ店では遊ばず、自分で登録した大手のネットカジノで遊ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。