ベラジョンカジノ入金の特徴とメリットを徹底比較

オンラインカジノ業界人気ナンバー1のベラジョンカジノは、他のカジノと比べるとメリットが豊富で、多くのユーザーから支持されています。
ベラジョンカジノのユーザー数は、全オンラインカジノ人口の半数以上とも言われており、いかに大きなシェア率を誇っているかが分かります。

特にベラジョンカジノは「入出金手段が豊富」なことも、ユーザーから高く評価されています。
日本で最も普及率の高い金融サービスから世界各国で親しまれている決済サービスまで網羅したラインナップは、信頼性・安全性に優れています。
 
 

ベラジョンカジノの入金方法の種類

ベラジョンカジノの入金方法の種類
 
まずベラジョンカジノが採用している入金サービスの基本情報をご紹介します。

ベラジョンカジノが採用している入金サービス基本情報(令和4年3月22日時点)
◆銀行送金|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,000ドル
・PayPay銀行(ジャパンネット銀行)・三菱UFJ銀行・楽天銀行
・三井住友銀行・住信SBIネット銀行・セブン銀行・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行・auじぶん銀行・福岡銀行・埼玉りそな銀行
・あおぞらネット銀行・イオン銀行・ソニー銀行・スルガ銀行
・東京スター銀行

◆クレジットカード|最小入金額:12ドル、最大入金額:2,500ドル、手数料:2.25%(最大5.0ドル)
・MasterCard・JCB・AmericanExpress ※アカウントの登録名と一緒の名義でなければ使用出来ない。

◆仮想通貨|最小入金額:1ドル、最大入金額:10,000ドル、※本人認証後 50,000ドル
・ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ライトコイン(LTC)・リップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(BCH)

◆Jeton Wallet|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,500ドル
◆マッチベター|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,500ドル
◆エコペイズ|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,500ドル
◆ベガウォレット|最小入金額:10ドル、最大入金額:2,500ドル

上記の通り、非常に多くの入金手段を用意しています。
どのサービスも登録後すぐに利用可能です。
それぞれのメリットを比較してから、自分にあった入金手段を選択しましょう。
 
 

ベラジョンカジノのおすすめ入金方法は?

ベラジョンカジノではユーザーのニーズに合わせて、入金手段を豊富に用意しています。
サービスによって長所や欠点が異なるため「どのサービスを選択したら良いのか分からない」と悩んでしまう方も少なくないようです。
ここからは、入金手段の特徴を簡単にご紹介します。

① 初心者はクレジットカード入金がオススメ!
ベラジョンカジノに登録したてで、どの入出金手段がお得なのか比較するのが難しい方は、クレジットカードでの入金がオススメです。
ベラジョンカジノをはじめとする、オンラインカジノでは入出金時のルールとして「入金手段と出金手段は同一でなければいけない」というものがあります。
しかし、クレジットカードは出金手段として利用できません。
クレジットカードから入金したユーザーは、特例として全ての出金手段の中から1つ選択します(※エコペイズを選択するには入出金履歴が必要です)。
クレジットカードで入金しておけば一部条件はあるものの、全ての出金手段が利用可能になるため、非常にオススメです。

② ベテランユーザーは電子決済サービスエコペイズがオススメ!
ベラジョンカジノをはじめとする、オンラインカジノのプレイに大分慣れてきたらならば、電子決済サービスエコペイズをオススメいたします。
エコペイズとは、電子決済サービスの一種ですが、それ一つで入出金手段両面の機能を果たしてくれるという優れものです。
使い方によっては、手数料等を大幅に削減したり、カジノ間の資金移動を手数料なしで可能にできるなど、様々なメリットが発生します。
ここで簡単に、エコペイズを使用して、ベラジョンカジノに入金する際のプロセスと手数料をご紹介します。
 
 

エコペイズからベラジョンカジノへ入金する際のプロセスについて

エコペイズからベラジョンカジノへ入金する際のプロセスについて
 
ここで、エコペイズからベラジョンカジノに入金するプロセスについて記載いたします。
 
① エコペイズに登録し口座を開設する
② エコペイズに入金
③ エコペイズの口座からベラジョンカジノに入金
と主に3つのプロセスを経て、はじめてベラジョンカジノに入金できます。

下記にそれぞれの項目について簡単に説明していきたいと思います。
① エコペイズに登録し口座を開設する
まずは以下のURLにアクセスしてください。
エコペイズ(ecoPayz)の公式サイトにジャンプします。
https://www.ecopayz.com/ja/

そこにアクセスすると、「無料アカウント」を開設という項目がありますので、クリックしましょう。
すると、ecoAccount作成画面が表示されます。
ecoAccount作成画面では、エコペイズ(ecoPayz)に登録するユーザ名、Eメールアドレス、パスワード、国籍、使用する言語、開設する口座の通貨単位(日本円、ドル、ユーロなど)、名前(ローマ字入力、日本語)、誕生日、住所、電話番号、資金源(給与所得など)を入力するだけで、アカウントを簡単に作成します。

②エコペイズに入金
下記にエコペイズの口座への入金方法について表にしております。
エコペイズのアカウントのランク毎に手数料などが異なる場合があります。
興味のある方は、下記の一覧表をご確認ください。

【エコペイズ(ecoPayz)入金方法一覧】

◆銀行振込(wire pay)|送金手数料5%、換金手数料 ※ランク参照
入金限度額|単一取引最低限度額:9.78ドル、単一取引最高限度額・クラシック:977.82ドル、シルバー:14,667.23ドル、
ゴールド:97,781.51ドル、プラチナ:117,337.81ドル、VIP:136,894.11ドル
反映時間:当日~3営業日
メリット:普段利用している口座を利用できる
デメリット:入金までに日数がかかる、手数料がかかる

◆仮想通貨(AlternativePayments)|手数料無料
入金限度額|単一取引最低限度額:9.78 USDドル、単一取引最高限度額・クラシック:977.82ドル、シルバー:9,778.14ドル、
ゴールド:9,778.14ドル、プラチナ:9,778.14ドル、VIP:9,778.14ドル
反映時間:即時
メリット:手数料が無料
デメリット:価格変動が激しく、タイミング次第で価値が暴落するリスクが高い

◆プリペイド決済(エコバウチャー)|手数料2.9%、換金手数料2.99% ※エコバウチャー購入時に手数料が12%ほど発生する
入金限度額|単一取引最低限度額:9.78 USDドル、単一取引最高限度額・クラシック:146.67ドル、シルバー:146.67ドル、
ゴールド:146.67ドル、プラチナ:146.67ドル、VIP:146.67ドル
反映時間:即時
メリット:クレジットカードで間接的に入金できる
デメリット:専門サイトでの購入が必要で、結構分かりにくい。
購入のために本人確認書類の提出を求められる場合がある。

③ エコペイズの口座からベラジョンカジノに入金
無事にエコペイズの口座に入金が済みましたら、エコペイズからベラジョンカジノ側に入金しましょう。
エコペイズからベラジョンカジノへの入金手数料は無料ですが、エコペイズの口座の通貨単位と、ベラジョンカジノにおいて採用している通貨単位USd(米国ドル)と異なる場合は、下記の為替手数料(換金手数料)が発生しますので、ご注意ください。
エコペイズ(ecoPayz)からベラジョンカジノへの入金時

為替手数料(換金手数料)|※エコペイズ(ecoPayz)とベラジョンカジノで使用している通貨単位が同一の場合は必要ありません。
クラシック:換金手数料2.99%、シルバー:換金手数料2.99%、ゴールド:換金手数料1.49%、
プラチナ:換金手数料1.49%、VIP:換金手数料1.25%
 
 

ベラジョンカジノで入金できない場合

ベラジョンカジノで入金できない、入金拒否、不承認の場合
 
ベラジョンカジノでは入金ができない場合、拒否されたり、不承認の場合がよくあります。
その場合は大抵下記の点が当てはまりますので、もしそうなった場合は、この点を参考に対処されると良いと思います。

① クレジットカードの入金が不安定
ベラジョンカジノにおいて、特にクレジットカードでの入金は不安定で、拒否される率はダントツでナンバー1の入金手段と言えます。
特にVISA、Mastercardでの入金は不安定な場合が多く、逆にJCBやAmerican expressの場合は入金成功率が高いようです。

② 登録名以外の名義の口座からの入金
ベラジョンカジノでは登録されている名義以外の口座からの入金を拒否しています。
説明するまでも無く当然のことではありますが、一応お伝えしておきます。

③ アカウントが凍結している
何かの理由で複数のアカウントを保有しており、それがカジノ側に発覚した場合、入金はおろかログインすら難しくなってしまいますので、ご注意ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。