エコペイズのローカル入金の分類と手数料節約のポイント

エコペイズの主要な入金手段になっているのがローカル入金です。
収納代行業者を通して現地通貨で入金できるのが特徴で、海外送金のようなわずらわしい手間を省くことができます。
また、ローカル入金にも複数の手段があり、収納代行業者を選ぶことが可能です。
仮想通貨での入金にも対応しているため、ビットコインなどで入金したい人もローカル入金を選択することになります。

ローカル入金はエコペイズの主要な入金手段

ローカル入金はエコペイズの主要な入金手段
エコペイズは海外の会社が運営している関係上、直接入金するのが難しくなっています。

そこで活躍するのがローカル入金です。
収納代行業者に依頼することで、利用者の手間を省きながらスピーディーな入金が可能になります。
早ければ即日口座に反映されるのが魅力です。
銀行振込の場合は振込先が国内銀行の口座にあるため、手続きも簡単です。

入金時にかかる手数料が5%になっていますが、海外サービスでクレジットカードを利用するのが不安な人の助けになります。
エコペイズ経由であればさまざまなオンラインカジノに入金が可能になり、クレジットカード登録の手間も省けます。

ローカル入金以外には専用のプリペイドカード「エコバウチャー」を購入する方法もありますが、上限額が2万円程度と比較的小額になっているのがネックです。
まとまった金額を入金しようと考えた場合、複数のカードを購入して1枚ごとにPINコードを打ち込む必要があります。
手間がそれほどかからず、手数料のバランスがとれているのがローカル入金の特徴です。

ローカル入金は3種類に分けられる

エコペイズでローカル入金を行う場合、収納代行業者の違いで3種類に分けることができます。
銀行振込の場合は「Wire Pay」か「PandaPay」で、仮想通貨で入金したい場合は「Alternative Payments」を選択します。

Wire Payは三井住友銀行、PandaPayはみずほ銀行が振込先になるため、同じ銀行の口座があれば振込料金を節約可能です。
Alternative Paymentsはビットコイン以外の仮想通貨にも対応していますが、種類が限定されます。

ローカル入金からそれぞれの入金方法を選択すると、入金額、入金口座の指定、入金先の口座番号、あるいは送金アドレスが表示される仕組みです。
表示に従い、銀行ATMや、仮想通貨取引所で振込み・送金手続きを行えば入金が完了します。
ネット経由で手続きも珍しくないため、忙しい場合などに便利です。

仮想通貨入金で入金する際の注意点

仮想通貨入金で入金する際の注意点
仮想通貨の入金は銀行振込にないメリットがあります。

仮想通貨を使った入金は手数料がかからず、振込時の手数料負担だけで済むのです。
ローカル入金で銀行振込を選択した場合、銀行側の振込手数料とエコペイズ側の5%の入金手数料がかかります。
入金手数料を節約したい場合は仮想通貨での入金も視野に張ってきます。

ただし、仮想通貨を使った入金は注意点が多いのも特徴です。
例えば、仮想通貨で入金する場合は毎回新規で送金アドレスが作られます。
アドレスは正確に入力する必要があり、送り先を間違えると二度と戻らなくなります。
銀行のように管理する組織がないため、間違った場所に届いた仮想通貨を元に戻す手段がないのです。

また、購入のハードルも高めになっています。
日ごろから仮想通貨に馴染んでいる人であれば、どの仮想通貨をどんな方法、取引所で購入すれば良いのか考えるのも簡単です。
しかし、知識がない人は購入する方法から考える必要があります。

また、取引所によって仮想通貨を送金する差異の手数料が大きく異なり、状況と金額によって5%を超える手数料が発生するケースもあります。
手数料を節約したい場合は送金手数料が安い取引所を探し、同じく手数料が安い仮想通貨を選択する必要があるのです。
手続きに慣れてしまうと、銀行振込より簡単に、素早く入金できることもあるため、人によってメリットが大きくかわるのが仮想通貨入金の特徴です。

為替の関係で誤差が生じる

為替の関係で誤差が生じる
エコペイズでローカル入金を行う場合、銀行振込、仮想通貨共に共通する注意点があります。
為替や仮想通貨の価格は常に変動していることです。

そのため、入金手続きを行ってから完了するまでに価値の差が発生することが一般的で、多少の誤差が生じるのです。
特に仮想通貨は価値の変動が激しいものが多く、必要な金額ギリギリの額を入金したい場合は注意が必要になります。
多少余裕を持った金額を入れておいた方が安心して使うことができます。

また、銀行振込を選択した場合も、為替の影響で0.1円など日本円で処理しきれない端数が発生することに理解が必要です。
端数が出た場合は入金額を+1円にするなど、不足がないように調整をすればトラブルを防げます。

ローカル入金は安全性を求める人におすすめ

ローカル入金はエコペイズに安全に入金したい人におすすめです。
特に銀行振込はリスクが少なく、海外サイトでクレジットカードを使うことに抵抗がある人にもおすすめできます。
多少手数料はかかるものの口座への反映も早く、良く使われる入金手段になっています。

仮想通貨の入金はすでに仮想通貨を持っているか、送金などの経験があるかで大きく変わるのが特徴です。
手数料が無料なのは大きな魅力ですが、最初から手続きを覚えるのが大変だからです。
すでに取引慣れしている場合はメリットも大きいため、銀行振込と比較しながら選ぶのがおすすめになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。