明文化されていないことが違法性がないことの証

しっかりとした安全性の上で成立している

日本にはまだオンラインで楽しめるギャンブルは存在しません。
しかし海外にはオンラインカジノというオンラインでカジノゲームを楽しめるギャンブルがあります。

オンラインのカジノゲームを使ったギャンブルというと、どこか怪しいとつい疑ってしまいますが、オンラインカジノは海外ではとてもポピュラーなギャンブルで、日夜多くの利用者がオンラインカジノでギャンブルを楽しんでいます。

オンラインカジノが海外で定番のギャンブルとして成立しているのは、ギャンブルにとってもっとも大切である安全性が確立されているからです。
オンラインカジノの運営会社は、その所在地となる海外の国より運営許可の証であるライセンスを発行され運営しています。
ライセンスを得るには厳しい審査をクリアしなければならなく、高い安全性と運営能力がなければその審査をクリアすることはできません。

また、ライセンス取得後に不正やトラブルが起こってしまうことを防ぐために、ライセンス発行後もそのライセンスを発行した国によって、安全で質の高いサービスを提供できているかどうか常に監視されることになるので、オンラインカジノはいつでも高いクオリティのサービスと安全性を保っていなければなりません。

更に、オンラインカジノによっては独自に第三者監査機関の監査を受けています。
第三者による監査のため、自社のチェックでは見抜けない細かなトラブルや虚弱姓を指摘してもらうことができるので、そうした外部に監査を依頼しているオンラインカジノはさらに高い安全性とクオリティの高いサービス提供を行うことができています。

オンラインカジノはこのように安全性がしっかりと確立されたギャンブルであるため、海外では身近で親しみを持てるギャンブルとして多くの方に利用されています。

法律上違法ギャンブルと規定されていない

日本には賭博罪という法律があり、この法律によって違法ギャンブルの取り締まりが行われています。
オンラインカジノはこの賭博罪に触れる点が一つもないため、現状の日本の法律では違法ギャンブルとして取り締まることができません。

まず、オンラインカジノは海外では合法として認められているギャンブルなので、オンラインカジノ自体には一切問題はありません。
ですが、オンラインカジノ自体の利用は日本国内から行われることになるので、この点が賭博罪に触れるのではないかという意見を持つ方もいらっしゃるでしょう。

確かにオンラインカジノの利用は日本国内から行われますが、オンラインカジノのベースとなるサーバーも運営会社と同じく海外にあるので、海外でギャンブルをしているのと同じことになります。
こうしたオンラインカジノが海外で運営されているということにより、オンラインカジノの利用は現在のところ違法にはあたりません。

ただ、一つ注意して頂きたいのが、インカジでのオンラインカジノの利用です。
インカジというのはインターネットカジノの略称のことで、日本国内に店舗を構え、オンラインカジノをインストールしたパソコンを客に提供しプレイさせている店です。
通常のオンラインカジノの利用は、利用者がクレジットカードや電子決済サービスを用いて自ら入金、出金を行いますが、インカジはその入出金を店側が行います。
インカジはチップの購入額を通常のオンラインカジノよりも高くしていて、その通常のチップ購入額との差額がインカジの利益になっています。

同じオンラインカジノでも、インカジが間に入ることで、ギャンブルの開催者がオンラインカジノではなくインカジとなってしまうため、インカジ側はもちろん利用者もギャンブル行為が発覚すると逮捕され罪を科せられます。
オンラインカジノは安全なギャンブルですが、そのオンラインカジノを使ったインカジは絶対に利用しないようにしましょう。

過去の日本人プレイヤーの摘発事件

2016年3月、スマートライブというオンラインカジノを利用していた日本人プレイヤー3名が、単純賭博罪で逮捕されました。
オンラインカジノの日本国内からの利用は安全であると思われていただけに、この事件は日本人プレイヤーに大変大きな衝撃を与えました。

この逮捕の理由は、スマートライブがライブゲームで日本人ディーラーを採用していたり、ライブゲームの時間を日本人が遊びやすい夕方から夜にかけて設定するなど日本人をターゲットにしたギャンブルだと判断されたからです。
逮捕された3名のうち2名は、裁判に事を運ぶ前に略式起訴を受け入れ罰金を支払いましたが、1名は逮捕を不服として略式起訴を受け入れず裁判へと持ち込みました。
そして、この裁判の結果はどうなったのかというと、その1名は不起訴を勝ち取ることに成功しました。

不起訴とはすなわち、検察側が有罪とするには難しいと認めたことになるので、逮捕劇から一転、この不起訴処分によってオンラインカジノの日本国内からの利用の安全性が立証されました
この事件以来、合法運営しているオンラインカジノの利用において日本人プレイヤーが逮捕される事件は起きていませんので、現時点において日本国内からオンラインカジノを利用しても違法として罪を科せられることはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。