オンラインカジノの除外ゲームや禁止ゲームとは?

オンラインカジノをプレイしていて「除外ゲーム」や「禁止ゲーム」という言葉を聞いたことがありませんか?オンラインカジノ側が提供しているゲームなのに、なぜ禁止されなければいけないのか、疑問に思ったことがある人もいるでしょう。また、除外ゲームとは一体何から除外されるのか、オンラインカジノ初心者からするとわかりませんよね。そこで今回はオンラインカジノで重要な要素であるボーナスに深く関わる除外ゲームや禁止ゲームについてお伝えします。


除外ゲームや禁止ゲームは最低賭け条件に反映されない

除外ゲームや禁止ゲームについて理解してもらうためにまず知っておいて欲しいシステムに、ボーナスがあります。ボーナスというのはその言葉通り、カジノ側からプレイヤーにお金が支払われるというものです。プレイヤーが入金した金額に応じたボーナスが支払われます。ただし、ボーナスをそのまま出金されてしまうとカジノ側としては損しかありませんので、ボーナスを受け取った場合、出金するためにも一定の条件が課せられます。それが最低賭け条件です。その多くは、ボーナスとして受け取った金額の20倍や30倍といった金額です。場合によっては、入金額+ボーナスの金額に対して10倍や20倍といったものもあります。このあたりはカジノによって異なります。これだけの金額を賭けなければお金を引き出すことができないのですが、除外ゲームや禁止ゲームでゲームすると、この最低賭け条件に反映されないのです。

除外ゲームと禁止ゲームの違い

除外ゲームも禁止ゲームも、報酬を出金するための最低賭け条件に反映されないということがわかりました。では、除外ゲームと禁止ゲームは一体何が違うのでしょうか。除外ゲームは、基本的にはプレイすることには問題のないゲームです。ブラックジャックやルーレット、ビデオポーカーなどペイアウトの高いゲームが代表的です。
これらのゲームでどんなにお金を賭けたとしても、それは最低賭け条件には反映されないので、いつまでたっても出金することができません。禁止ゲームは、プレイした段階で何らかのペナルティが課せられてしまうゲームのことです。ペナルティはカジノによって異なりますが、その多くはボーナスチップの没収や、入金額とボーナスチップ両方の募集、アカウントの停止など厳しいものです。

まとめ

オンラインカジノにおいて、最も多いトラブルの原因となるのがこの除外ゲームや禁止ゲームに関することです。ボーナスのシステムは少しややこしいので、初心者からすると、「なぜお金が出金できないのか」と疑問になってしまうのです。ボーナスを受け取る際には、除外ゲームや金資源を使わずに最低賭け条件をクリアできるという自信があるかどうかも考えましょう。