エコペイズを利用するときの注意点

オンラインカジノを初めてプレイする場合、インターネット上の決済会社にお金を入金し、そこからオンラインカジノとのお金のやり取りをしなければいけません。そしてオンラインカジノごとに提携している決済会社は異なりますが、多くのオンラインカジノが提携しているのが、エコペイズという決済サービスです。2016年9月にネッテラーという大手の決済サービスがオンラインカジノの利用を禁止したため、現在、エコペイズに人気が集まっています。しかし、エコペイズに登録をする際に注意しなければいけないことが1点あります。今回の記事では、その絶対に覚えておきたい注意点についてお伝えしていきます。


口座の通貨を円に設定しない

エコペイズの登録画面では、通貨を設定する項目があります。そこで「自分は日本人だから円にしよう」と単純に円を指定しないでください。というのも、エコペイズの場合、入金元の通貨がEUR、GBP、CADという3つの通貨以外だった場合は、為替手数料が発生します。入金先の通貨がこの3つのうちのどれかであれば、為替手数料が発生するのは一回ですが、例えばドルのようにこの3つの通貨以外の通貨に入金する場合、一度、GDPを経由してドルに換算されるため、為替手数料が2回発生します。
つまり、円をドルに換えようと思うと、2回の為替手数料が発生してしまうのです。為替手数料だけを考えると通貨はEURにするのが最も得だと言えます。
しかし、実際のところ、オンラインカジノの多くはドルを通貨としています。もしエコペイズの通貨をユーロにしていた場合、今度はカジノとやり取りをするときに為替手数料が発生してしまいます。つまりどのような方法を取ったとしても合計2回の為替手数料がかかってしまうということです。ただし、エコペイズの通貨を円にしてしまうと、さらに多くの為替手数料がかかってしまうため、EURにするかUSDにするのが最も為替手数料を少なくできる。通貨なのです。

エコカードの通貨と口座の通貨は同じものにする

エコカードは、ATMからの出金をする際に必要になるカードなのですが、このエコカードを発行する際にも通過を設定する必要があります。この際に、先程と同様に通貨が変わると為替手数料が発生してしまうため、エコペイズの通貨とエコカーどの通貨は同じものに設定しましょう。

まとめ

エコペイズを使用する際には、使用する通貨をUSDかEURに統一すると、かかる手数料が最も少なくなり、カジノで遊べる回数も増えるでしょう。